デザインアンダーグラウンドではラジカセの楽しみ方としてデジタル対応で、スマートフォン、MPプレーヤー美等からBluetoothを使用してラジカセにワイヤレスで簡単に接続出来る方法と整備品販売のご提案です

基本的な構成は、ライン入力のあるラジカセと

Bluetooth受信機を接続して完了。
写真のBluetoothレシーバーはELECOM LBT-AVWAR700になります。


Bluetoothレシーバーのサイズは各社で若干の違いが

ありますが写真(CF-1980)と比較してこの程度のサイズ感になります。


基本、モノラル、ステレオ機種どちらでも、LINE INがあれば殆どの製品が接続が可能です。(ジャックは
ミニプラグ・RCAは問いません)


CF-1980ではLINE INのミニプラグに接続します。


接続後、お持ちのスマホ等とレシーバーのペアリングを行い同期をさせて終了です。
(ペアリング等の方法はデザインアンダーグランドの

ファクトリーのオープン時にご説明を致します。
2015年1月下旬よりファクリーを週末ショップとして

明ける予定です。


「Vintage BoomBox×Bluetooth」のメリット


✻デジタル化されている音楽データーをそのままラジカセから流す事が出来ます。

 安定しているBluetoothを使用しますので高音質な音をお好きなデザインのラジカセで

 聴いて頂く事が可能です。
 お部屋のBGM用として気軽にご使用して頂けます。


✻現在販売しているラジカセはカセットの整備も行っているため価格は高めになりますが

 こちらのセットで使用するラジカセはカセットメカを除く整備で済むため通常品よりかなり

 お求め易くなります。


✽今後、「Vintage BoomBox×Bluetooth」に対応するラジカセを順次掲載致します。


こちらに関するお問い合わせも常時受け付けております。

DESIGN UNDERGROUND TOPIX

fabcross連載「一機一会」

ラジカセのデザイン!増補改訂新版登場